アンチエイジングに脳トレ

脳トレ

アンチエイジングに脳トレ

今、ゲームなどによっても流行っていますよね。脳トレ。ゲームのほかにも、計算ドリルやお習字、まだ大人の塗り絵、というものも出ています。指を動かす、ということは、脳の活動を活発にします。

私が通っていた健康教室では、たくさんの指遊びを習いました。両手の指で数を数えるのですが、一つずつずらして指を折っていきます。右手は「1」親指をおります。でも左手は開いた状態のまま。次に右手は「2」人差し指をおります。左手は「1」親指をおります。さらに、右手は「3」中指をおります。そのときに左手は「2」人差し指をおります。つまり、右手と左手で数えている数が違う、という脳トレです。これ、なかなかできないのですよ。

アンチエイジングの世代は、まだまだぼけ、とは遠いのですが、既に、脳の老化が始まっていませんか?例えば、マヨネーズを取りに行こうと食卓をたつ、冷蔵庫の前まで行って、「あれ?私、何しにきたんだっけ?」こういうこと、よくありませんか?

以前、介護福祉士さんにお聞きしたところ、これが、トイレの前まで行って「あれ?私何しにきたんだっけ?」となると、完璧に「きている!」状態だそうです。脳を鍛える、というのは人にたくさんあって、触れ合って、感情をあらわにする、ということでもいいのですって。

脳に刺激がいきます。面倒くさいな、かったるいな、といってお休みの日にゴロゴロしているのもいいのですが、たまには、こういった脳トレを家族でやってみたり、お友達の家に出かけたときに、みんなで笑いながらやってみてはどうですか?とても、盛り上がりますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional